カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

お刺身くじらの作り方

絶対失敗しない!赤肉くじらブロックのカット方法


【保管温度】 家庭用の冷凍庫(-18度以下)なら3ヶ月くらい保存が可能です。
         解凍後は、2日以内にお召し上がりください。
         再冷凍は風味を損ないますのでおやめください。

【解凍方法】 以下の3つの方法からお好きな方法で解凍できます。

【常温解凍:15分〜】
・・・・・・夏場で温度が高い室内だとすぐ半解凍になります。
           
           冬場で温度が低いと時間がかかります。室内温度で解凍時間が異なりますので
           時々様子をみながら解凍ください。
       
【冷蔵庫解凍:半日】・・・・冷蔵庫や、真空チルド室など使って、半日かけてじっくり解凍する場合です。
           
           状態にもよりますが、前の晩にチルド室、又は冷蔵室へ移しておくと、
           翌日の午前中にはだいたい半解凍の状態になります。
           夜にお刺身でお召し上がりいただく場合、お昼頃にチルド室または冷蔵室へ移しておくと
           半解凍状態になります。 
           なお、解かしすぎるとドリップがでますので、下にお皿などをしいてください。
 
【流水解凍:10分〜】・・・・・すぐ解凍したいときにオススメ!
           
           真空袋のまま2分間流水解凍後、常温、または冷蔵庫で数十分置いて半解凍します。
                   


どの方法も、お刺身で薄切りが必要な場合は、中の芯がまだ凍ったままの時が、扱いやすいです。


ご注意: ブロックは必要な分量だけカット。残りは空気に触れないようにラップで包んで保管してください。
      食べる直前にスライスするのが一番美味しく召し上がれる方法です。

        
真空パックになっている赤肉。
表面が解凍できたら、真空袋から出して包丁でスライスします。




よく研いだ包丁で、約4ミリ前後にスライス。お好みの厚さでもOKです。
スジがある鯨肉の場合は、スジを切るように直角に。
脂のサシ目がある場合も、サシ目に対して直角に切ります。



大葉、小ネギ、しょうが、わさびなどお好きな薬味で醤油でお召し上がりください。



【オススメの薬味】

■醤油:わさび・しょうが・すりおろしにんにく

■ポン酢:もみじおろし

また、醤油、みりん、酒に漬けて漬けにしたり、それを片栗粉で揚げたら竜田揚げになります。
また熱したフライパンで軽く焼いてレアステーキにしても美味しいです。

>>【レシピ】鯨レアステーキ/ >>【レシピ】鯨のオーロラソース煮 / >>【レシピ】鯨のピカタ

>>【レシピ】鯨の赤肉漬け  >>【レシピ】鯨の赤肉と本皮の紅白漬け

 
           お刺身くじらの人気ランキング!
 


若いくじら!味はあっさりのお刺身胸肉1級
【用途】お刺身・竜田揚げ・ステーキ・生姜焼き

NO.1!お買い得!お刺身もステーキもこれ一つで!


綺麗なピンク、赤味をした胸肉です。ほぼ1本もので上等!普段使いのお刺身や、くじらステーキ、くじら生姜焼きなどなど、幅広くお料理にも使えます。冷凍保存で3ヶ月持ちますので、ストックにも便利!当店の胸肉はスジがあまりに多い部分は外しています。在庫限りで販売は終了いたします。
手頃な価格も魅力。


>>【価格697円】170g単品はこちら

>>【価格6,566円】20%OFF!2kgセットはこちら
   NO.2!食べ応えある!柔らかい!ピンク色で綺麗!

若い鯨でやわらかい肉質なので鯨カツなどに最適。2〜3個の塊で約1kgとなります。分厚く切って豪快なステーキにするのもオススメ。
お刺身でももちろんOK。年齢を重ねた鯨よりも薄味なので食べなれてない方にもオススメ。逆に、鯨の味がしっかり欲しいという好みの年配の方には、他の赤肉がオススメかもしれません。
>>くじら若肉1kg入り
 
【用途】お刺身、ご贈答、父の日、ギフト、お中元、お歳暮など
 NO.3!鯨の大トロ!一番の最高級部位の霜降り赤身!

誰もが一度は食べてみたい、鯨の大トロ。ナガス鯨に近い味わいの大型のイワシ鯨の鯨の尾の部位から特に霜降りな部位だけを選別しております。食べると舌の温度でとろける極上の味わいです。鯨ベーコン、さえずりと一緒になった霜降り尾の身ギフトセトは、父の日、お誕生日お祝い、お中元、お歳暮などのギフトに最適です。

>>【価格4,000円】霜降り尾の身100g(単品)

>>【価格10,800円】霜降り尾の身ギフトセットはこちら