長崎のくじら食文化について

長崎のくじらは何故美味しいのか



鯨のまち、長崎であることをPRするこの、暖簾は、
長崎市内のあちこちの居酒屋さんの玄関先に飾ってあります。

実は長崎は、全国で一番、くじらを食べる地域。

くじらを余すことなく食べる日本の鯨食文化は世界でも類を見ない文化、

その中でも長崎が一番の消費率があるんです。ということは、世界一!?

でもその潜在的文化は今まであんまり知られてませんでした。

長崎のくじらは何故美味しいのか

日野浩二:84歳、鯨とともに生きる人生を歩んできました。


長崎が裕福だったその昔の江戸時代は、長崎の五島列島、平戸、壱岐、対馬は
鯨の回遊が多い地域でした。
鯨は網取り式で、湾の中に追い込む方式で捕鯨をしていたので、
島の辺ぴなところがその地形に合ったんですね。
その当時の長崎のくじら組は500人規模の大企業で、それが35社ほどありました。
山口県では4社、高知では2社、和歌山県の太地でも2社ほどだったので、
当時の長崎の500人×35社=17,500人ほどが捕鯨の仕事をしていたわけです。
そして、平戸、生月、五島で捕獲された鯨は、船で彼杵港に水揚げされていたそう。
彼杵は当時、鯨の仕分け基地、流通センターでした。
鯨肉はそこから陸路、佐賀や福岡、大村、諌早、島原などに分配され
長崎は彼杵港の対岸の時津港を経て、浦上街道を通って運ばれました!
その当時の長崎は経済力が強かったので、一番美味しい良い部位が分配されていたので
その文化が今も根強く残っているのです。
「長崎に行けば、美味しいくじらが食べられる」
と言われるのは、こういう理由があるからです。



長崎県の鯨の1人あたりの消費量は全国で1位の年間197.5グラム。
(全国平均は44.7グラム、平成20年/共同船舶)と全国で最も多く、食文化が受け継がれています。

"長崎名物 くじら料理"のサイトも運営しております。

WEB会員限定!
新規会員登録の方に
500ポイント(500円分)プレゼント


只今ご注文頂くと
最短で12月14日(木)
当店出荷です
※12月13日(水)AM9時30分締め切り


バナー
【ご予算別】6,480円~

お鍋にいかがですか?

FAXでのご注文はこちら

ご利用案内
注文用紙をダウンロードして
FAX:095-850-4301
なお、FAX・電話注文でお支払い方法はクレジットカードご使用できません。前払いの銀行振込か、代金引換となります。

カレンダー
  • 今日
  • 休日
  • 出荷日

赤色の日は、お電話対応、メールのお問い合わせのお返事等ができません。ご了承ください。

お電話のお問い合わせは以下の時間帯にお願いいたします。

<ご対応受付時間>
平日午前8時~12時
平日午後1時~4時

ページトップへ